あなたのいろいろな皮膚のトラブルをご一緒に解決しましょう

水いぼ

ポックスウイルス科の伝染性軟属腫ウイルスの感染によっておこります。
小児に多くアトピー性皮膚炎の小児によくおこり、プールなどで感染することが多くみられます。ごく稀に成人の陰部に出来ることもあり、性行為感染症のひとつと考えられています。
感染2~7週の潜伏期ののち、粟粒~米粒くらいの中心にやや凹みのある結節が体幹、四肢に出現します。つぶれると中から白っぽい内容物が押し出され、この内容物からウイルスが検出されます。
周囲が湿疹化し、痒みを伴なうこともあります。

治療

ピンセットで1つ1つつまんで、内容物を取り除くのが確実ですが、イソジン液、グルタールアルデヒド、硝酸銀外用、冷凍凝固、スピール膏など、さまざまな方法を試みますが確実な方法はありませんので医師と相談の上、個々に適した治療法を選択することが大切です。
生命の予後という意味での危険性はありませんが周囲に感染させていく可能性はありますので負担のない範囲できちんと治療するのは大切だと考えます。
ペンレスという麻酔のテープを張ってからつまんで取っていくことが保険適応になりました。痛い思いをさせたくないという場合には有効ですからご希望の場合はお申し出ください。

クリニックについて

クリニックについて

PAGETOP
Copyright © 木下皮フ科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.