あなたのいろいろな皮膚のトラブルをご一緒に解決しましょう

単純ヘルペス

単純ヘルペスウィルス1型ないし2型のウィルスで小水疱や発疹ができてくる病気です。顔特に口唇、陰部などに出現しますがどこにでも出る可能性はあります。初めて感染すると高熱などの重い全身症状を伴うこともありますが、自覚症状がまったくなかったりすることもあります。小水疱にはウィルスがいますので直接接触で人に移すことがありますので注意が必要です。

治療

抗ウィルス剤の内服でウィルスの増殖を抑えることができます。発疹が出る前に違和感があるときにはその時に内服を開始すると発症しても軽症ですみます。
抗ウィルス剤の外用を行うこともあります。神経節にウィルスは残りますので疲れているときなどに繰り返して出現することもあります。続くときには再発抑制療法をすることもあります。

クリニックについて

クリニックについて

PAGETOP
Copyright © 木下皮フ科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.